SAPPHIRE series cameras from Adimecシリーズ: ラージエリアスキャン CMOS グローバルシャッターカメラ

SAPPHIREシリーズ S-25A30 は、VITA 25k イメージセンサを採用した 2500万画素 CMOS グローバルシャッターカメラです。 カメラリンク接続で、5120 x 5120 ピクセルの高解像度画像を32fps のスピードで出力します。S-25A30 の設計は他の高解像度マシンビジョンカメラとは根本的に違います。最高クラスの均質性と安定した性能を実現する非常に信頼性の高いカメラを創るために、Adimec独自のカメラ設計とVITA 25Kイメージセンサテクノロジーの効果を組み合わせました。

S-25A30 は、スループットや精度を向上させるために高解像度を必要とする、インライン画像計測や電子製造検査装置に最適です。また、特別なシステムアプリケーションやアーキテクチャ要件に合わせカスタマイズすることも可能です。

SAPPHIRE モデル

S-25A30
  • 25 メガピクセル
  • 32 fps
  • VITA 25K
  • Camera link
  • 仕様
SAPPHIRE
S-25A70 CoaXPress
  • 25 メガピクセル
  • 72+ fps
  • VITA 25K
  • CoaXPress QUAD
  • 仕様
SAPPHIRE S-25A80 CoaXPReess
S-25A80 CoaXPress
  • 25 メガピクセル
  • 84+ fps
  • Python25K
  • CoaXPress QUAD
  • 仕様
SAPPHIRE S50A30_CoaXPress
Coming soon

S-50A30 CoaXPress

  • 50 メガピクセル
  • 30 fps
  • CoaXPress
  • 仕様
欠陥をもっとも少なくした画像

active sensor control

Sapphire シリーズは、内蔵された簡便なセミオート・キャリビレーション機能、アクティブ・センサ・コントロールにより、VITA 25K で現れるラージエリアスキャン特有のアーチファクトを抑制します。PC に画像をアップロードすることなくカメラを較正します。アクティブ・センサ・コントロールにより、2500 万画素テクノロジーは遂に精密検査・画像計測アプリケーションでの活用が可能になりました。

アクティブ・センサ・コントロールについての詳細は こちら をご覧ください。

フラットフィールド補正による高い均質性

搭載されたグローバル・フラットフィールド補正(ピクセル毎のリアルタイム FFC) により、不均一な露光量やセンサへの光学経路上の歪にも関わらず、均質な高均質な画像を得ることが可能です。この内蔵された機能により、性能が向上する共に、フレームグラバーでの処理負担が軽減され、システムへの組み込みが容易になります。

ROI

ROI機能を使うことにより、フレームレートを上げるだけではなく、画像の取り込みに新しい可能性を見出していただけます。センサの横幅(最高 5120 ピクセル)とイメージセンサのROI機能の組み合わせで、創造を超えた新しいエリアスキャンカメラの使い方が可能になります。詳細については、お問合せください。

を使わず設定

アクティブ・センサ・コントロールとフラットフィールド補正は、カメラに内蔵された較正アルゴリズムとして使い勝手が良く、フィールドで簡単に利用することが可能です。カメラにFFCキャリビレーション・マップが保存されるため、カメラ電源を入れた後すぐにFFC設定を再使用が可能です。